FC2ブログ

ジュニアユース1年目を振り返って

こんばんはです!

もうとっくに新年度ですが、
ジュニアユース1年目、U−13での1年間を振り返ってというか、思ったことなんかを書いときます。


予想をしていたこととはいえ、
息子にとって厳しい1年になりました。

ジュニアユース、チビには本当、厳しい…。

6年生くらいからは感じてはいたんですけどね、体格の差。

というか成長の差。

第二次性徴、いわゆる思春期に入ってるかどうか。


息子はずーーっと二学年くらい下の大きさでしたが、意外とフィジカル強かった。

でも六年生の頃からはだんだん厳しくなってきてました。

中高生??ていうか大人じゃん!!みたいな
相手には通じない。

今思うとセレクションの時期にあちこち痛めていたのは小さな身体に負担がかかり過ぎていたのもあるんだろうな。

トラックに軽自動車がぶつかったら、
それゃ壊れるよ、軽自動車。


ジュニアユースに上がってから、
息子のプレーは変わりました。
デカイ相手にはガチで突っ込んだりはしなくなりました。

ガチでいっても相手がビクともしないのと、
怪我をしたくないから。


消極的な息子のディフェンスですが、
ワンテンポ遅らせる、パスコースをきるといったことはちゃんとやれてました。


サッカーはフィジカルが大事なのはわかってますが、今はそれでいいと思います。

やっぱり怪我が一番怖いですから。

小柄でも身体を上手く使えば戦えるって言う人もいますが、その小柄ってどの程度までの話?

170越えててフィジカル恵まれてる相手に
140にもなってない子が身体を上手く使えば
フィジカル勝負で勝てるの??
(ちなみに以前某ブログ記事を参考にさせて頂いて中田選手のケツディフェンスやってみました。
けっこう効果はあったのですが、相手の膝がケツにモロに入るサイズなので打撲半端ないです)


とまあフィジカル勝負は捨てた息子ですが、
ジュニア時代より格段に良くなった部分もありまして。

まずパスが良くなりました。

息子、パスのセンスないわー、とずっと思ってたんですが、けっこう良いパス出すようになりました。

どうやら視野が広がったというか、視界がはっきりしてきたので、コースの選択肢が増えたんだと思われます。

チームメイトとの会話を聞いていると
どこに誰がいて、どういう動きをして、
相手がどこに何人いて、どこのスペースが空いていて、とか
かなり状況を認識してプレーしてるんですよね。


そしてトラップがまともになりました。

今も上手いとは言い難いんですけど、
下手くそではなくなりました。

息子チームのジュニアあがりの子達はトラップ、めちゃくちゃ上手いので
比べてしまうとアレなんですけど
四月頃は10馬身くらい離されてましたが、
今は2馬身くらいまで追いついた感じです。


一年間でかなり成長した気がします。
(相変わらず身長は成長しませんでしたが)

覚悟はしていたこととはいえ、ジュニア時代のようには試合に出られなかった息子ですが、
腐ることもなく、マイペースにサッカーに取り組んでいます。

身体の成長の差が著しいこの年代、
焦っても仕方がないのを本人が良くわかってるようです。

今はじっくりサッカーへの理解を深め技術を磨いて、
いつか来るであろう成長期を焦らず待ちたいと思います。


あーでも早く大きくなってほしいなぁーー。(切実)


ではまた!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

にほんブログ村
↑参加してます。
人気ブログたくさん!
よろしければクリック願います。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

おやびん★★

Author:おやびん★★
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア